ダイエット中もお酒を飲める?お酒を飲むと太るは本当か?

この記事は約3分で読めます。

ダイエットにお酒は禁物というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

お酒のカロリーは「エンプティカロリー」と言われ、体内で消費されやすく脂肪になりにくいと言われています。

お酒で太る原因になるのはそれ自体のカロリーよりも、おつまみや糖質が多いお酒です。

どうしてもお酒がやめられないという人やお酒の付き合いが多い人でも、食べ合わせやお酒の種類に気をつけながらダイエット中でもお酒を楽しむことができます。

今回はダイエット中のお酒に関する疑問解決とダイエット中におすすめのお酒・おつまみについて解説します。

スポンサーリンク

お酒を飲むと太る?

前述の通り、お酒のカロリーは「エンプティカロリー」と言われていて、脂肪になりにくいという特徴があります。

だからと言って、甘いカクテルやジュース割のお酒を飲めば糖質で太りやすくなってしまいます。

お酒を飲んで太る原因はお酒自体のカロリーよりも、糖質が入っているお酒をできるだけ避けるのが大事です。

ダイエット中にお酒を飲むのであれば糖質がゼロの「蒸留酒」がおすすめです。

蒸留酒とは、主にウイスキー・焼酎・などがあります。

また、何かで割るときは水や無糖のソーダで割るのがおすすめです。

お茶もカロリーゼロですが、カフェインが入っているため、睡眠の質を下げる可能性があるので避けてください。

夜寝る前のお酒は太る?

お酒を飲むと寝る前のお酒がやめられないという人も多いですよね。

はやく酔いたいという理由でストロング缶などを飲む人も多いですが、缶チューハイは糖質が高く太りやすくなるため寝る直前に飲むのはおすすめできません。

寝る前にお酒を飲むのであれば糖質が入っていない「蒸留酒」がおすすめです。

蒸留酒とは、主にウイスキー・焼酎・ウォッカ・ジンなどがあります。

何かで割って飲む場合はカロリーゼロの無糖のソーダや水がおすすめです。

お茶はカロリーゼロですが、カフェインの作用で睡眠の質を下げてしまう可能性があるので寝る前には避けるのがベストです。

ダイエット中はお酒が弱くなる?

糖質制限ダイエットをしているときにお酒を飲むと、アルコールを分解の力が弱くなることがあります。

アルコールが体で分解されるときに糖分が必要になりますが、糖質制限をしていると分解するのに糖が足りない状態になり、アルコールが分解されずに頭痛や二日酔いの原因となります。

糖質制限ダイエットをしているときにはお酒は少量に控えておくと良いでしょう。

ダイエット中のお酒の楽しみ方

ダイエット中に飲むお酒は、前述の通り「蒸留酒」がおすすめです。

蒸留酒には以下の種類があります。

居酒屋で頼む場合は甘くないハイボールや緑茶ハイ、ジャスミンハイなどがおすすめです。

自宅でお酒を飲む場合の割りものはカロリーゼロの割りもので割るか、ロックやストレートで楽しみましょう。

また、ダイエット中のおつまみは以下のようなヘルシーなおつまみがおすすめです。

  • 枝豆
  • 冷奴
  • 卵焼き
  • サラダ
  • 刺身

特に枝豆はカリウムが含まれているため、むくみ解消にも効果的です。

ビタミンB1や鉄分を豊富で、肝機能を回復する効果も期待できるため、アルコールとセットで摂りたいおつまみです。

冷奴や卵焼きはダイエット中に不足しがちなタンパク質も補えます。

まとめ

種類やおつまみの食べ合わせに気をつければ、ダイエット中でもお酒を楽しむことができます。

ただし、糖質制限のダイエットをしている人はアルコール分解の力が弱くなるので、無理せず少量だけ楽しむように心がけるのがおすすめです。

糖質制限中の人はウコンなど肝機能を高めるドリンクなどを一緒に摂りながら楽しくお酒を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました