【徹底解説】ジンのおすすめの飲み方やおつまみ・チーズ、銘柄まとめ

この記事は約15分で読めます。

11世紀頃に誕生したと言われ、今では世界中で多くの人に愛飲されているジン

使用されるボタニカル(ハーブやスパイス)によって様変わりする風味が魅力のお酒です。

そのまま飲んだり、カクテルにしたりと、さまざまな飲み方を楽しめるのもポイント。

コスパも優れており、千円台から購入できる銘柄もあるので、常備するのもおすすめです。

この記事では、ジンの飲み方やカクテルのレシピのほか、ピッタリのおつまみやチーズを紹介します。

このほか、ジンの銘柄もいくつかピックアップし、味の違いやおすすめする理由についても詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ジンの飲み方は大きく分けて3パターンある

一口にジンといっても、飲み方は人それぞれ。シンプルな飲み方を楽しむ人もいれば、割って嗜む人もいます。

なお、ジンの飲み方を大別すると、下記の3つに分類できます。

  • ストレートやロックでシンプルに
  • ジュース・炭酸で割って風味豊かに
  • ジンベースのカクテルで楽しむ

シンプルな楽しみ方として挙げられるのは、ストレートやロックです。

こうした飲み方は、ジンの風味を舌で存分に味わえます。

ジンは割物にも最適なお酒で、ジュースや炭酸、カクテルとして楽しむ人も少なくありません。

特に手軽なのはジュース・炭酸による割物です。

レモンジュースやコーラなど、市販の飲料と割るだけなので、宅飲みなど仲間とワイワイ楽しむシーンにピッタリ。

一方、ワンランク上の味を楽しんでみたいなら、ぜひカクテル作りにチャレンジしてみましょう。

ジントニックやオレンジブロッサムのように、簡単に作れるカクテルもあります。

カクテル作りの経験がない人も、まずは気軽に挑戦してみてはいかが?

おすすめのジンの飲み方1:シンプルに楽しむ

ジンの風味そのものを楽しみたいなら、まずはシンプルに楽しんでみましょう。

ストレートやロックなど、さまざまな飲み方があります。

ストレート・ショット

一番シンプルな飲み方といえるのがストレートやショット。

氷も水も加えず、ジンをそのままの状態で飲む方法です。

ジンの風味豊かなボタニカルや、独特のキレやコクを楽しめます。

ただし、ジンはアルコール度数が高いので注意。

口当たりがよいからと、飲み過ぎないようにしましょう。

ロック

ストレートは少し苦手…という人におすすめの飲み方がロックです。

非常にシンプルながらも、氷が溶けていく過程で変化するジンの風味が楽しめます。

水割り・お湯割り(ホット)

手元にジンはあるけど割物用のジュースがない…。

そんな時は、水かお湯で割ってみてはいかがですか?

水割り・お湯割りもジンの定番の飲み方です。

好みの割合で割るだけなので、手軽に楽しめます。

ジンはアルコール度数が高い反面、薄めることで飲みやすくなります。

このため、ゆっくりとお酒を楽しみたい人におすすめ。

おすすめのジンの飲み方2:ジュースや炭酸割でジンの風味を豊かに

ジンはクセの少ない銘柄が多く、ジュースや炭酸で割って楽しむのも最適です。

割って混ぜるだけという手軽さが魅力なので、宅飲みをする時に。

友達とジュース・炭酸を持ち寄り、いろいろな味を楽しんでみるのもいいですよ。

関連記事:

ジュース割り

ジンの割物にピッタリのジュースはさまざまあります。

自宅の冷蔵庫にあるジュースで割るのもよいですが、迷ったら以下の中から選んでみてはいかがですか?

  • レモンジュース
  • オレンジジュース
  • パイナップルジュース
  • グレープフルーツジュース
  • トマトジュース

レモン・オレンジジュースはスッキリした舌触りになるので、あっさり味が好きな人に最適。

反対にパイナップルジュースは甘みが加わるので、甘いお酒が好きなら試してみましょう。

グレープフルーツなら、ジンの辛味と苦味の絶妙なバランスが楽しめます。

甘みはほとんどないので、好みでハチミツやシロップを加えてみるのもおすすめです。

トマトジュースは一見相性が悪そうに思えますが、実は相性が抜群のジュース。

例えばカクテルのブラッディ・サムは、トマトジュースを使用します。

ジンの風味とトマトジュースのコクが合わさり、深みのある味が楽しめます。

炭酸割り

ジンの辛味を活かすなら炭酸割りがおすすめ。

ジンとコーラやソーダ飲料を好みの割合で割るだけです。

なお、ピリピリした味が好きなら無糖ソーダで割ってみましょう。

ジュースの甘みがなくなるので、どんなおつまみにも合います。

炭酸割りは口当たりがよく、どんどんお酒が進みます。

ただし、ジンはアルコール度数の高いお酒ですから、飲みすぎには注意しましょう。

おすすめのジンの飲み方3:カクテルにチャレンジ

ジュースや炭酸割りに飽きてきたら、カクテルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

技術が必要・大変そうと考えてしまう人も多いと思いますが、実は手軽に作れるカクテルも色々あります。

カクテルは見た目がオシャレで、通常の割物よりも奥深い味わいが魅力。

道具も通販で揃えられますので、ぜひ「おうちバー」を楽しんでみませんか?

なお、この記事で紹介するカクテルは、以下の記事でも詳しく解説しています。

もっとカクテルの種類・レシピを知りたい人は要チェックです。

カクテルの王様「マティーニ」

まずおすすめするカクテルがマティーニ

カクテルの王様と評されるほど奥深い味わいが楽しめます。

使用する材料はさほど多くはないため、挑戦してみる価値があります。

シンプルで奥ゆかしい。そんな言葉が似合うカクテルです。

シンプルだけど奥深い「ジントニック」

シンプル・奥深いという意味では、ジントニックも当てはまるでしょう。

ジンベースのメジャーなカクテルなので、知っている人は多いかもしれません。

ジンをトニックウォーターで割るだけと、レシピはとってもシンプル。

なのに使用するトニックウォーターやジンの割合で味が様変わりする、そんな奥深さが楽しめます。

さっぱり味が魅力の「ジンフィズ」

さっぱりした味が好きな人におすすめのカクテルがジンフィズ

レモンジュースに砂糖とソーダがあれば作れる手軽さが魅力です。

砂糖の割合で甘さを調整できるので、人それぞれの好みが出やすいカクテルかもしれませんね。

オレンジジュースと割るだけ「オレンジブロッサム」

一番簡単なジンのカクテルは何?と聞かれたら、筆者は間違いなくオレンジブロッサムを挙げます。

カクテル名はマイナーながらも、作り方はとっても簡単。

先ほどジュース割りの項目でオレンジジュースを紹介しましたが、ジンのオレンジジュース割りがまさにそれです。

本格的に楽しむなら、ミキサーで作ったフレッシュオレンジのジュースを使うのもおすすめ。

見た目にも美しい「パラダイス」

カクテルは見た目も楽しみたいところ。

もしジンベースでおしゃれなカクテルを堪能したいなら、パラダイスはいかがでしょう?

文字通り、南国の楽園を思わせる色合いと甘い味を同時に楽しめます。

アプリコットリキュールが必要ですが、材料の少なさから簡単に作れるカクテルです。

ジンのカクテルを作る時のポイントと必要な道具

上記でジンのおすすめの飲み方や、ピッタリのカクテルをいくつか紹介しました。

でも、「カクテルどうやって作ったらいいの?道具は何を揃えたらいいの?」と、疑問が浮かんだ方もいらっしゃると思います。

ここでは、ジンのカクテルを作る時に押さえたいコツと、カクテル作りに欠かせない道具を紹介します。

これを読めば、ジンベースのカクテル作りで迷うこともなくなりますよ。

まずはレシピ通りに作ってみよう

カクテルは人それぞれ味の好みがあると思いますが、最初は記載されているレシピの通りに作ってみましょう。

下手にアレンジを加えてしまうと、失敗してしまう可能性があります。

味も想定とは違ってしまうこともあるため、最初のうちはレシピに忠実に作り、慣れたらアレンジを加えてみましょう。

カクテルのベースのジンは慎重に選ぶ

味覚の感じ方は人それぞれですが、カクテルのベースとなるジンは慎重に選びましょう。

ジンといっても銘柄はさまざまで、若干風味が異なるためです。

最初はレシピに書かれた銘柄か、いくつか購入して飲み比べてみるのもおすすめ。

もし悩んだら、後述する銘柄の中から選んでみてください。

ステアは慣れが必要

カクテルの材料をグラスに入れ、スプーンで混ぜることをステアと言います。

一見簡単に思えますが、実は簡単なようで奥深いのがステアです。

回数・混ぜ方によってカクテルの味が変わりますので、慣れが必要かもしれません。

なお、カクテルごとに最適なステアの方法も変わるので注意。

人それぞれの味の好みも関わるため、自分好みのステアを身に付けてみましょう。

カクテル作りに必要な道具

カクテルを作るためには道具が必要。

でも、通販で購入できますし、必要な道具もさほど多くありません。

  • シェイカー
  • メジャーカップ
  • バースプーン
  • スクイーザー
  • ミキシンググラス(ステア用)
  • カクテルグラス

上記6点があれば、ほとんどのカクテルを作れます。

ジンベースのカクテル以外にも使えますので、ひと通り揃えてみてはいかが?

なお、面倒な時はバーセットを買うのもおすすめ。

シェイカーやメジャーカップなど、カクテル作りに必要な道具がひと通り揃っています。

ジンに合うおすすめのおつまみ

お酒を楽しむなら、やっぱりおつまみは欠かせません。

ジンは銘柄によって独特のキレやコクがあるので、さまざまなジャンルのおつまみが合います。

ピリ辛風味がクセになる「ジンジャーチキン」

辛いものが好きな人は、ジンジャーチキンを楽しんでみてはいかがですか?

生姜のピリッとした辛さが病みつきになります。

特にジントニックのような甘めのカクテルにピッタリです。

レシピはこちら:

お手軽でボリューム満点「厚揚げだし豆腐」

ボリュームあるおつまみが欲しい!そんな時におすすめなのが厚揚げだし豆腐。

お手軽に作れるうえ、ボリュームも満点です。

お酒のアテにするのはもちろん、おかずにもぴったり。

レシピはこちら:

女子会におすすめの「生ハムチーズクラッカー」

おしゃれなおつまみが欲しい時や、女子会をする時には生ハムチーズクラッカーがピッタリ。

レシピも簡単で、材料さえ揃っていればすぐに作れます。

見た目にもおしゃれなので、食卓も彩り豊かになります。

レシピはこちら:

作るのが面倒ならテイクアウトはいかが?

おつまみを用意するのが面倒…そんな場合はテイクアウトを検討しましょう。

今はさまざまなお店がテイクアウトを行っていますので、仕事の帰りや空き時間を利用して買いに行くのもおすすめ。

ジンは幅広い料理が合うので、いろんなお店の料理を食べ比べてみるのもいいですね。

関連記事:

友達と宅飲みするなら手土産もおすすめ

もし友達の家で宅飲みをするなら、手土産はどうでしょうか?

話のネタが増えますし、宅飲みがいつも以上に盛り上がるかもしれません。

ただし、相手の好みに合った手土産を持って行きましょう。

関連記事:

ジンに合うおすすめのチーズ

ジンでさまざまな料理に舌鼓を打つのもいいですが、シンプルにチーズと楽しんでみてはいかが?

ジンとチーズの風味が合わされば、いつもと違った宅飲みが楽しめます。

以下では、ジンとピッタリのおすすめチーズをいくつか紹介します。

濃厚な旨味が病みつきになるパルミジャーノチーズ

パルミジャーノチーズは、イタリアが原産のハードチーズです。

イタリアチーズの王様とも評されていて、独特のクセと旨味が病みつきになります。

濃厚なチーズの風味が好きなら、ぜひ一度試してみてください。

特にあっさり味のジンやカクテルとの相性は抜群。

ジンのキレとチーズのコクが絶妙なバランスで堪能できます。

パルミジャーノレジャーノブロック パルメジャーノ 約950g~1Kg前後
アンブロシア
¥4,050 (¥4 / g)(2021/04/19 18:11時点)
原材料名:ナチュラルチーズ(生乳、食塩)

そのままでも、料理にも使えるモッツァレラチーズ

モッツァレラチーズもジンにピッタリです。

フレッシュチーズの代表品種で、モチモチとした独特の食感が魅力。

味はほとんどありませんが、その分クセがなく、食べやすくなっています。

そのまま食べてもいいですが、料理にも使えるので、冷蔵庫に常備しておくと便利です。

花畑牧場 60φ メダル モッツァレラ  チーズ 1kg (業務用)
花畑牧場
¥3,300 (¥3 / g)(2021/04/19 18:11時点)
モッツァレラを食べやすい形にカットした便利で使いやすい冷凍タイプの業務用チーズ。北海道十勝産の生乳100%使用

クセが少なくて食べやすいホワイトチェダーチーズ

ホワイトチェダーチーズも相性抜群です。

ホワイトチェダーチーズは、ほのかなクリーム色をしたセミハードチーズ。

ミルクの風味が豊かな一方、チーズ特有のクセが少なく、ジュース割りはもちろん、どんなカクテルにも合わせられます。

料理にも使い回せるため、モッツァレラチーズと同じく常備にピッタリ。

なめらかな舌触りが魅力のブリーチーズ

チーズの風味を存分に楽しめるのがブリーチーズです。

トロッとした柔らかさと、なめらかな舌触りが魅力の一方、チーズの中ではクセが少なめ。

チーズ特有の濃厚さが苦手な人でも、ブリーチーズなら比較的食べやすいかもしれません。

もちろんジンとの相性もよく、ストレートからカクテルまで、あらゆる飲み方にマッチします。

ブリーチーズ フランス産 モンペール社製 1000g Brie Mon Pere 白カビチーズ
Mon Père
¥2,880 (¥3 / g)(2021/04/19 18:11時点)
パリの有名なチーズ会社モン・ペール1000gのブリーチーズを直送便でお届けします!

ジンのおすすめ銘柄

一口にジンといっても、数え切れないほどの銘柄があります。

お店でも多数の銘柄が並んでいますので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

以下では、筆者おすすめの銘柄をいくつか紹介します。

定番から癖の強いものまで、幅広くラインナップしていますので、銘柄選びで悩んだ時は参考にしてください。

ビフィーダージン

初めてジンに挑戦する人向きなのがビフィーダージン

200年以上の古い歴史を持つジンの一つで、さっぱりとしたキレのある味わいと特有のコクを持ちます。

非常に飲みやすい銘柄なので、ジンの入門としては最適。クセもほとんどありません。

プレミアムクラフト・和GIN

少し変わったジンを探している人におすすめなのが、プレミアムクラフト・和GIN

日本酒を使った純国産のジンで、明利酒類が製造しています。

味に関しては独特で、口に含んだ瞬間は、柑橘系の爽やかな香りが口いっぱいに広がり、その後シナモンの風味とジンのピリッとした辛味が加わります。

このため、人によっては好みが分かれる銘柄です。

ボンベイ・サファイア

クセの強い銘柄が好きなら、ボンベイ・サファイアもおすすめ。

ジンの中では人気の銘柄の一つで、熱烈なファンが多数います。

一方で味が苦手な人も多く、賛否がきっぱり分かれる銘柄です。

柑橘系の爽やかな香りや、独特のコクを楽しめる反面、アルコール度数の高さが舌にくるため、そのあたりが影響しているのかもしれません。

ただ、その香りや味にハマる人がいるのも事実。

人によっては病みつきになってしまうでしょう。

もしクセのないお酒が好きなら、後述のタンカレーやゴードンドライ・ジンがおすすめ。

どちらも癖が少なく、あっさりとした風味が楽しめます。

タンカレー

ボンベイ・サファイアよりもクセが少なく、スッキリした味わいがタンカレー

ビフィーダージンと同じく、初心者向きの銘柄かもしれません。

アルコール度数はやや高いものの、クセが少ないためピリッとした辛味が楽しめます。

その反面、人によっては物足りなさを感じる可能性も。

さっぱりした風味が好きな人には向いていますが、コクや深みを求める人にはボンベイ・サファイアが適しています。

ゴードン・ドライジン

タンカレーと同じく、クセがなくて飲みやすい銘柄がゴードン・ドライジンです。

ジンのあっさりした味わいを楽しめる一方、ボタニカルの風味は控えめなので、人によっては物足りなさを感じる可能性も。

しかし、それを差し引いても飲みやすいことは大きな魅力です。

なお、飲みやすさと同じく魅力的なのが価格の安さ。

通販サイトでは、750mlが千円台で販売されています。

コストパフォーマンスは抜群で、常備するならピッタリの銘柄です。

まとめ

世の中は無数のお酒であふれていますが、その中でもジンは奥深く、一言では語りきれない魅力を持っています。

蒸留酒の中の一種類に過ぎないものの、ボタニカルの種類によって様変わりする風味は筆舌に尽くしがたいものがあります。

そんな奥深いお酒であるジンですが、現在は多数の銘柄があり、コンビニやスーパーでも購入できるほど普及しています。

そのまま飲んでよし、ジュースで割ってもよしと、汎用性の高さは他のお酒以上ではないでしょうか。

普通の飲み方に飽きたら、カクテルでも楽しめます。

ジンベースのカクテルもたくさんあるので、色々と宅飲みで楽しんでみるとよいでしょう。

おつまみやチーズと一緒に楽しめば、また違った宅飲みを堪能できます。

なお、通販ならいろいろな銘柄を購入できるため、飲み比べてみるのもおすすめです。

通販で買えるジンは千円台の銘柄や初心者向けの銘柄のほか、個性の強い銘柄などバラエティ豊か。

もちろん好みは分かれると思いますが、自分好みのジンを見つけてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました